スルフォラファン

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に区別されますが、中耳の辺りに様々な細菌やウィルスなどがくっ付いて炎症になったり、体液が溜まる症状を中耳炎と称しています。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの創造を支えているかもしれないという因果関係が判明してきました。
過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、加齢というような多様な原因によって、インスリン分泌が減少したり、機能が悪くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症すると考えられています。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が見られず、体重が食物摂取や排尿などによって短時間で増減する時は、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇します。
2005年(H17)年以後新たに特保のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語の明記が義務となっている。
季節病ともいわれる花粉症とは、森の杉や檜などの木や草の花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・微熱・鼻水などのアレルギーを発症させる病気だといえます。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を有していない人にも使用可能な医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの手順に沿っておこなうことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する緊急処置の効き目を発揮してくれます。
アルコールや薬、合成保存料を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓の担う非常に大切な活動の一つと言えるでしょう。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖質、細胞の新陳代謝に必要となる蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこういった様々な活動をキープするために絶対必要な栄養素までもを減少させてしまう。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではなく覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープなど)ために必要となる理論上のミニマムなエネルギー消費量のことを言います。
ポリフェノール最大の特長は水溶性のビタミンCやV.E.(ビタミンE)などとは性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を予防する作用に優れています。
ともすると「ストレス」は、「無くすべき」「排除すべきもの」ものと思いがちですが、実際は、私達は様々な種類のストレスを体験するからこそ、活動することができます。
World Health Organizationは、人体に有害なUV-A波の極端な浴び過ぎが皮ふ疾患を誘引する可能性が高いとして、19歳未満の若者が日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を世界中に推奨しています。
もしも血液検査で恐れていた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かった場合、不足している女性ホルモンを補てんする処置方法で緩和できます。
アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を低減したり変異を誘引するような人体に悪影響を及ぼす物質を身体の中で無毒化し、肝臓の能力を強める動きが分かっています。