夜間

お酒に含まれるアルコールやお薬、合成された食品添加物などの物質を分解し、無毒化する機能の事を解毒(げどく)と称しており、肝臓が果たしている大事な務めの一つと言えるでしょう。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、今までの研究結果により、ワクチンの効果を見通せるのは、接種日の約2週後から150日程だろうということが分かっています。
花粉症の緒症状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜間しっかり睡眠を取れないと、それが誘因で睡眠不足に陥り、次の日起床してからの活動に良くないダメージを及ぼすこともあるのです。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙・アルコールを毎晩飲む事・体重過多等の生活習慣が悪化したこと、ストレスなどに縁り、殊更日本人に患者が多い病気なのです。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂分泌の異常が主因で生じる湿疹で、分泌の異常の素因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンB群の不足等が考えられます。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法では大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス手術」というふたつの治療が高い頻度でおこなわれています。
肝臓をいつまでも健康に維持するためには、肝臓の毒素を分解する作用が落ちないようにすること、言い換えると、肝臓を老けさせない対策を実践することが効果的だと言われています。
子どもの耳管の特徴は、大人のそれと比較すると幅広で短くなっており、かつ水平に近いため、雑菌が入り込みやすくなっています。幼い子どもが急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが原因です。
男性だけにある前立腺はその生育や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても大きく関わっており、前立腺の癌も同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きくなります。
めまいは診られないのに、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴を数回発症するタイプのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するケースもあるとのことです。
汗疱(汗疱状湿疹)とは手の平や足裏、指の隙間などに細かい水疱が現れる病気で、普通はあせもと言い、足の裏に出てくると水虫と混同されることも多くあります。
バランスの取れた食生活や運動は勿論、ヘルスアップや美を目的として、食事とは別に色々な種類のサプリメントを使用する事がおかしくなくなっています。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすのです。
もしも婦人科の検査で実際にエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値よりも足りず早発閉経(early menopause)だと分かった場合、不足している分の女性ホルモンを補てんする医術などで治せます。
PC使用時の強くて青っぽい光を和らげる専用眼鏡がいま最も人気を集めている要因は、疲れ目の対策法に大勢の方々が興味を抱いているからだと推測することができます。