有害物質

下腹部の強い痛みの元凶となる疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な部位の病気が挙げられます。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も代表的な中耳炎で子どもに起こりやすい病気です。強烈な耳の痛みや38度台の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのさまざまな症状が発生します。
肝臓を健康に保つには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにすること、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが重要だと言われています。
ロックのライブの開催される施設やクラブハウスなどに設置された巨大なスピーカーの真横で大きな音を浴び続けて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
通常ならば骨折しない位のごく僅かな圧力でも、骨の同じ個所に何度も繰り返し連続してかかってしまうことによって、骨折してしまうことがあるので注意しなければいけません。
脚気の症状としては、手や脚がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しい浮腫みなどがよく起こり、病状が進むと、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があるとのことです。
明るくない所だと光量不足によりものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、眼球の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが使用されてしまい、結果的に日の差す所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
食べ過ぎ、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、加齢といった複数の素因が集合すると、インスリン分泌が鈍化したり、働きが衰えたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病することになります。
汗疱(かんぽう)とは手のひらや足裏、指と指の隙間などにちっちゃな水疱が現れる病気で、おおむねあせもと言い、足裏に現れると足水虫と勘違いされることが結構あります。
ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー代謝のために必要な回路へ組み込ませるために輪をかけて分解することを助長するという機能もあると言われています。
最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞といった様々な病気をもたらす可能性があるといわれています。
スギの木の花粉が飛散する3月前後に、小さなお子さんが体温は平熱なのにしょっちゅうクシャミしたり鼻水が止まってくれないケースは、杉花粉症の可能性が高いといえます。
エイズはHIVの感染が原因のウイルス感染症の事であり、免疫不全を起こして健康体では感染しにくい日和見感染やガンなどを複数発症する症候群そのものを総称しているのです。
人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類できますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどが感染し、炎症がみられたり、体液が滞留する症状が中耳炎というわけです。
内臓脂肪タイプの肥満が診られて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、高血圧、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2〜3項目に該当するような事例のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼んでいるのです。